UWACゼミ(2018年度)

 平成30年度のゼミ一覧・予定
  ゼミ実施内容





日時 場所 タイトル(発表者)
4/12(木) 9:00~ 総合研究棟A210 1, 4年生による課題の発表(大迫・楠)

4/20(金) 9:00~ 総合研究棟A210 1, 卒論紹介(楊)
過去30年間北半球中緯度500hPa偏西風循環指数の変動に関する分析
4/27(金) 9:00~ 総合研究棟A210 1, 論文紹介(小林)
Mahrt, L. et al., 1979:
An Observational Study of the Structure of theNocturnal Boundary Layer, Boundary Layer Meteorology, 17, 247-264.
5/15(金) 15:15~ 総合研究棟A210 1, 研究進捗発表(村瀬)
地形データの計算処理と斜面崩壊潜在地域の検出
5/25(金) 9:00~ 総合研究棟A210 1, 論文紹介 (澤田)
J. L. Catto, 2016: 
Extratropical cyclone classification and its use in climate studies, American Geophysical Union
2, 教科書輪読(三戸)
「雨とメソ・システム」
豪雨の中規模的様相
6/1(金) 9:00~ 総合研究棟A210 1, 研究進捗発表 (三戸)
抽出された降水量不一致事例における対象地域周辺の気象場
2, 教科書輪読
「豪雨・豪雪の気象学」
10 豪雪をもたらすメソスケール擾乱
6/8(金) 9:00~ 総合研究棟A217 1, 研究方針発表 (楠)
森林内部の短期応答の季節変化
2, 教科書輪読(小林)
「An Introduction to Boundary Layer Meteorology」
13章 Boundary Layer Clouds
6/15(金) 10:00~ 総合研究棟A210 1, 卒論方針発表(大迫)
2, 教科書輪読(澤田)
「DSJRA-55データセットの特徴について」 
6/21(木) 14:00~ 総合研究棟A210 1, 論文紹介(小林)
Zhu, P., B. Albrecht, and J.Gottschalck, 2001:
Formation and Development of Nocturnal Boundary Layer Clouds over the Southern Great Plains. J. Atmos. Sci., 58, 1409–1426.
2,
教科書輪読(村瀬)
「森林・水・土の保全ー湿潤変動帯の水文地形学」
 
6/29(金) 9:00~ 総合研究棟A210 1,
2,
7/12(木) 9:00~ 総合研究棟A210 1,
2,
7/20(金) 9:00~ 総合研究棟A210 1,
2,
7/27(金) 9:00~ 総合研究棟A210 1,
2,